iPhone7sの液晶保護の方法

iPhone7sの液晶保護の方法は大きく分けて3つあります。
1つ目は保護シートを利用することです。

保護シートにはさまざまな機能が追加されていることがありますが、大きく分けると非光沢と光沢タイプに分けられます。光沢タイプは光の反射も多いため屋外での利用は向きませんが、画像や動画をくっきり移してくれます。


また、非光沢は光の反射を防ぐので特にiPhone7sの液晶のようにギラギラしやすい場合には落ち着いた画像とくっきりした文字で見やすくなると言われています。この他、フィルムやガラス系の素材に応じて追加機能があります。


追加機能で注目される機能としてはブルーライトカットがあります。

ブルーライトは液晶から発せられる光であり、目を疲れやすくすると言われています。
2つ目の保護の仕方はケースを使うことです。iPhone7s用のケースにはさまざまなタイプがありますが、本体を包むタイプを使えば落下時も比較的液晶にダメージが残りにくいと言われています。


ただし、耐衝撃性の強いケースは厚みが出てしまう場合もあり、デザインなどをよく確認することが大事です。



3つ目はフッ素コートを利用することです。

goo ニュースの基礎知識をご説明をしたいと思います。

もともとiPhone7sの液晶は強化ガラスが使われていることもあり、保護自体が必要ないと言われています。また、厚みがでたり、タッチがしづらくなるのも避けたいという方にはフッ素を利用することで汚れから液晶を守ることができます。