iPhone7sのアプリを作る前に読んでおこう

新型のiPhoneが発売されるとなるとテレビのニュース番組等で、店頭に何日も前から徹夜して並ぶ人達を報ずる人達がいます。



その様な人達はiPhone7sの熱狂的なファンもいるのでしょうが、ニューバージョンのiPhone7sを利用してアプリ開発の為に調達したいとする人もいるでしょう。


そして、調達したiPhone7sで動作するアプリを使用する為には何が必要かと言えば、当該の端末は当然必要なのは言うまでもありませんが、その他にも揃える物があります。

まず、世間一般にパソコンと呼ばれているOSや、Webアプリを作成する為に必要なHTML5やJavaScript、あるいはPHP等のプログラミング言語を用意する必要があります。


これらのプログラミング言語は、無料でインターネット上の本家のサイト等から調達出来ます。

そして自分のWebサイト等でメーカー側の審査を経ずとも、開発したものを配布する事が可能です。

しかしながら、iPhone7sのネイティブ・アプリとして開発するとなると、話は変わって来ます。

YOMIURI ONLINE情報を集めたサイトです。

当該の端末メーカーが開発及び販売している、パソコンが必要になります。



また専用の開発環境を獲得する為に、年間で一定金額を支払わなければなりません。
この環境を利用出来れば、開発に必要なアプリケーションやテクニカルソースを利用出来る様になり、当該の端末にインストールしてテストを実行出来る様になります。
そして、正規のネイティブアプリとしての審査をクリアーすれば、配布出来るので多くのユーザーの目に触れる場所に公開されるという訳です。