iPhone7sをリモコンとして活用する

自宅には、様々な家電があり、多くの製品で遠隔操作を行えるようにリモコンが用意されています。



しかし、家電製品毎にリモコンが存在していますと、リモコンがどの製品の為の物かが分からなくなる事が多々あります。そこで、よりリモコンを便利にする為に、iPhone7sで操作出来るようにリモコンを集約してしまうのが良いです。

iPhone7sをリモコン化する方法は、家電製品のリモコンの機能を学習出来る機能を持ったアダプタの購入が必要です。
コンパクトな端末ですので、邪魔にならずに、家中にあるリモコンを一つにまとめる事が出来る優れた機能があります。

T-SITEについて真剣に考えてみました。

リモコンの機能を学習させていく作業が必要ですが、一度設定を行えば、設定ファイルをエクスポートしてバックアップしたり出来ますので、非常に使い勝手が良くなります。
このアダプタをWi-Fiルータに接続しておく事で、Wi-Fi経由でiPhone7sからリモコン操作が出来る環境が構築出来ます。
学習出来るリモコンの機能は非常に幅広く、信号さえ対応していれば、様々な家電製品の操作を行えます。
外出先からも操作出来るように設定出来ますので、外出先からリモコン操作を行いたい人々には重宝するでしょう。


アダプタにアクセス出来るようにするには、iPhone7sに専用のアプリをインストールさせる必要がありますので、説明書などの指示に従って設定を行っておくのが良いです。



iPhone7sは、アプリ次第で多彩な機能を搭載出来ます。